髪ケアはストレスから

髪ケアを行うなら、シャンプーや栄養などのことはとても重要ですが、もう一つストレスがあります。ストレスは現代人には切り離せないもののようです。さてこのストレスによって、最近の男女とも若い人の薄毛が増えているとも言われていますが、もちろんこのストレスには精神的なストレスと、肉体的なストレスがあります。

例えば大気汚染なども肉体的なストレスとなり、それが毛髪にも悪影響を及ぼすことにも。しかしこれはある程度防げないことでもあるのです。そこで防げることは、どんどん防いでいきたいもの。まず睡眠不足によるストレスがあります。これは成長ホルモンの分泌を抑えてしまうので、どうしても毛髪には悪影響がでます。できるだけ質の良い睡眠をしっかり取るように努力しましょう。

また毎日の精神的なストレスも大きな問題です。ストレスを受けると体は戦闘態勢になると言われています。戦闘態勢になるということは、特に顔や頭の温度が上がり、それによって地肌は乾燥し、ばさばさの地肌や皮脂が多いのに乾燥しているというような地肌トラブルが起こることも。それによって抜け毛なども多くなってしまうのです。

また自律神経が乱れるため血液がドロドロになり、地肌や髪に栄養が行き届かないということにも。このようにストレスは髪ケアには大敵です。そこで少しでもストレス解消するために、自分なりの方法を考えることも大切ではないでしょうか。

髪ケアは栄養から

髪ケアは地肌が命です。そしてそのためには地肌と毛髪に、栄養が行き渡っているかということも大切なことではないでしょうか。特に最近はダイエットなどをして過度なカロリーコントロールをしている女性も多く、まったく毛髪や地肌に栄養が行き渡っていない人もいます。

まず人の体は、吸収された栄養素は血液に乗って、さまざまな細胞や内臓などに届けられます。当然地肌にも毛髪にも届きますが、優先されるのは内臓などの生命に関係するところなのです。毛髪が抜けても、つやがなくなっても、爪が折れても命には関わらないため、毛髪や地肌、爪などは栄養が届けられる優先順位はとても低いのです。そのためたっぷり栄養が摂れていないと毛髪は美しくなりません。

そのためまず栄養の偏りのない食事をとることであり、栄養不足にならないようにしなければなりません。特に今ダイエットをしている人などは、そんなことを言っても特に毛髪が抜けたり、ばさばさになっていないから大丈夫と思っている人もいるかも知れません。しかしその結果は髪のサイクルなどにも関係しているため、1年後ぐらいにはっきり見えてくるものなのです。

そのため今の髪ケアは、少し先に結果が出るということに。そのため、結果がでないからと言って諦めるのではなく、まず1年しっかり行うことが重要となります。そして栄養の偏りなど気になる場合は、育毛剤などをプラスすることもおすすめです。

髪ケアは洗髪剤から

髪ケアを考えるなら、まず洗髪剤をしっかり考える必要があるのではないでしょうか。私たちは今まで当たり前のように化学薬品でできたシャンプーを使ってきました。しかし長期間使うことによって、薬剤によるアレルギーが出たり、界面活性剤の副作用とも言える皮脂の摂りすぎによる、地肌のトラブルなどさまざまな問題が出てきています。そこで、髪ケアを考えるならまず洗髪剤から見直すことがおすすめです。

そのためには質の良いアミノ酸系シャンプーがおすすめです。いろいろな種類が出回っていますが、その中にはとても質の良いアミノ酸系シャンプーもたくさんあります。それぞれに天然成分に特化した、いわゆるナチュラル100%の安心できるシャンプーに替えてみましょう。

またアルコール系シャンプーでは髪につやを持たせるどころか、ばさばさになってしまうため、シリコンなどのコーティング剤でばさばさの髪を隠すという方法が採られます。しかしシリコン自体髪にも悪いとのこと。しかし質の良いアミノ酸系シャンプーは、ナチュラルな成分によって、自然に髪からつやがでてくるようになります。つまり髪がとても健康的になっているということなのです。このようにシャンプーを考えることもとても重要なのではないでしょうか。